« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月29日 (金)

飯田橋プラーノ

飯田橋プラーノhttp://www.nomura-bm.co.jp/sb/index.htmlが完成いたしました!

このガレリアに野口真里先生のグラスアート作品がオブジェとして組み込まれています。ホリテックはこのグラスアート作品の照明演出を担当させていただきました!とても美しい作品ですので、近くに行ったら是非ご覧ください!

照明は7700色に変化するLEDを使用しています。夕方から夜にかけて、その季節のテーマの照明演出を行います。春は桜、新緑のイメージ、夏は海、秋は豊な収穫、落ち葉、冬はクリスマス、雪のイメージの演出を施しています。また、その照明にあわせた効果音が演出効果を盛り上げます。

1_2

3_2

4_2

5_2  

9_2

設計(統括) 山下設計 関 義明氏

設計(電気) 山下設計 横山敏章氏

施工(建築) 大成建設

グラスアート マリエンバード工房 野口真里氏 http://www.mari-and-bird.jp/

照明演出施工 ウシオライティング 小原 忠宏氏、村川 洋史氏 http://www.ushiolighting.co.jp/

効果音作成 ユニバーサルグルーヴ 小林 雄介氏 http://www.universal-groove.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新演出照明器具の展示会

ウシオライティング社http://www.ushiolighting.co.jp/が輸入販売を行っております、ハイエンド社http://www.ushiolighting.co.jp/product/sstv/hes.htmlの演出照明器具の展示会に行ってきました。先の北京オリンピックでも相当数が使われた最新のモノです。光のパワーはもちろんのこと、映像の投射やグラフィックの投射など、より高度な演出が可能で、すごい技術革新に驚きます。つい一昔は、映像機器と照明はかけ離れたものだったのですが、いまではすっかり融合し、照明の技術はもちろんのこと、映像の技術もないと扱えないほどに進化しています。あとすこしでこれも当たり前になり、世の中の演出はすっかり様変わりすることになるでしょう。そんな予感を感じさせる、すごいものでありました。

1 2 3 4 5 6

ブログでは動画を貼り付けられないので、そのすごさを伝え切れませんが、動画も撮影してきましたので、ご希望の方はメールにてご連絡をくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年度 照明デザイン賞を受賞いたしました!

弊社で照明デザインを担当させていただきました、「ホテル日航金沢 チャペル ラ・グランドゥ・ルミエール」が、社団法人照明学会http://www.ieij.or.jp/award/design_his.htmlの2009年度照明デザイン賞に選ばれました! Kanazawa4 Kanazawa6 Kanazawa7

Kanazawa9 Kanazawa3 Kanazawa2

・照明デザイン賞 作品名:「ホテル日航金沢 ラ・グランドゥ・ルミエール

           戸井 賢一郎 (株式会社日建スペースデザイン)

           米澤 研二  (株式会社日建スペースデザイン)

           重田 利生  (株式会社日建スペースデザイン)

           堀江  徹  (株式会社HORITECH

           野村 宏幸  (株式会社HORITECH

 

カーテンの有無による光の制御をおこなうことで2つの異なる空間を演出しており、またレーザカットで作る「紋様」の種類により様々な演出プログラムを展開できる柔軟性を持っている。光・素材・空間の関係を十分活かした好例として高く評価する。

建築主 株式会社モス ホテル日航金沢

設計(総括) 松田平田設計 西川東吾氏

設計(設備) 松田平田設計 佐々木功氏、高橋修一氏

施工     竹中工務店 担当 奥村俊博氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

トロントより加藤哲也氏が来社

カナダ、トロントに在住のアーティスト ドクター加藤哲也氏が来社されました。元々は科学者であり、塩の結晶などを培養して作品を作るという面白くて変わった作風であり、カナダでも雑誌に紹介されるなど大活躍のアーティストであります。Photo

今回は実家への里帰りとプロモーションを兼ねて来日されたのですが、弊社まで足を運んでくださいました。02

作品のお話だけではなく、カナダやアメリカの経済状況など、とても興味深いお話が盛りだくさんでした。欧米各国に比べると、日本は非常に恵まれているそうです。また、自動車は米国ビック3の車は本当に人気が無く、日本車はビッグ3よりも25%くらい高額にもかかわらず人気があるとのこと。みんな日本の製品をほしがるそうです。

03

01

ドクター加藤氏の作品にご興味あるかたは、ホームページを是非、覗いてみてください。

http://www.sone.smugmug.com

Tetsuya Kato    M.Sci., B. Eng  Light Artist  Earth Scientist

E-mail   tetsuyak@sympatico.ca

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »