« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月21日 (月)

世界貿易センタービル38Fスカイホール フォンテーヌ

世界貿易センタービル38F スカイホール フォンテーヌがオープンしました!

天井は基本的にそのまま。調光盤も既存で、それでも照度アップをしなければいけなかったので、非常に設計は困難を極めました。以前はペンダントライトがあったのですが、新しいデザインでは、それが黒に飾りになり、反射光を天井に投射するという、デザイン的にはとても優雅でユニークなものですが、照明設計は大変(笑)。それで、いままではダイクロハロゲンの75Wのダウンライトだったのですが、それを容量ぎりぎりの90Wまで上げ、なんとか照度を確保。照明器具は山田照明のDE-2208で、拡散レンズにより、非常に柔らかで品のある空間になりました。天井への反射は、パナソニック電工のNDS15302SKで、狙ったとおりの反射になりました。01 02 03 04 05

天井スピーカーは小型で安価ながら高性能のJBL Control26とし、それにサブウーファーを追加し、音質も向上しました。また、昨年、マリンホールを改修した際に納入していただいた、演出照明のムービングライトを、このホールでも使えるようにインフラを導入しました。これでどちらのホールでも無駄なく使いまわしができるようになりました。

5_3 6_3 11

13 14

また、今回、39階の廊下も改修し、これで38階から40階まで、一連の改修工事が終了いたしました。関係者の皆様、ありがとうございました。

世界貿易センタービル スカイホール

http://www.skyhall.net/

インテリアデザイン 日建スペースデザインhttp://www.nspacedesign.co.jp/

チーフデザイナー 三沢 里彩 氏 デザイナー 吉田 基巳 氏 参与 小林 孝栄 氏

内装施工 ㈱総合デザインhttp://www.sogodesign.co.jp/index2.html

横田 秀正 氏 杉沢 宏 氏 和久山 陽平 氏

電気工事 東光電気工事㈱http://www.tokodenko.co.jp/

清水 聡 氏

空調工事 高砂熱学http://www.tte-net.co.jp/

佐藤 氏

衛生工事 西原衛生工業所http://www.nishihara.co.jp/topindex.html

細井 貢晴 氏

音響映像演出照明工事 ウシオライティングhttp://www.ushiolighting.co.jp/product/sstv/top.html

小原 忠宏 氏 村川 洋史 氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二宮神社報徳会館珠玉、瑞穂、飛鳥の間

小田原の二宮神社報徳会館 珠玉、瑞穂、飛鳥の間の改修工事が完成しました!

天井は基本的にはそのままだったので、照明器具を交換しました。蛍光灯はニッポ電機製の調光型シームレスランプSAL-D2-1500AMでベースの明かりをとり、ダウンライトは大光電機製のユニバーサル型ハロゲンライトDDL-2533XWで壁の意匠を照らしました。平均照度で550ルクスをゆうに超え、会議でも十分な照度を確保しました。調光はパナソニック電工のライトマネージャーを使用し、簡単操作になっています。音響はJBL製の高性能なCONTROL29AVを用い、非常に高音質な空間になりました。

1_2 2_2 3_2 4_2 5_2 6_2

非常にシックで明るく高性能な宴会場になりました。

関係者の皆様、ありがとうございました!

プロデュース 二宮神社報徳会館 宮司 草山 明久 氏

インテリアデザイン ジナン合同会社 相原 洋 氏 荻田 裕之 氏

内装施工 内藤工務店 吉田 大悟 氏 大岩 淳 氏

電気工事 兵藤電気 兵藤 秀光 氏

音響工事 ウシオライティング 小原 忠宏 氏 椎津 勉 氏

 報徳二宮神社 
〒250-0014 神奈川県小田原市城内8-10
TEL0465-22-2250 FAX0465-23-3286
 報徳二宮神社 http://www.ninomiya.or.jp
  報 徳 会 館   http://www.hotoku.co.jp
 報徳博物館  http://www.hotoku.or.jp
_________________________________________________

疲弊した600ヶ村の農村復興を成し遂げた、小田原の
生んだ偉人「二宮尊徳」翁をお祀りする神社です。
--------------------------------------------------
結婚式は当社か歴史と自然の薫る箱根&小田原の地で
                 http://www.resortwedding.info
--------------------------------------------------
新しい小田原は市民の手で!
                 http://www.odawara-akindo.jp
--------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照明テスト

某物件のために各照明メーカーさんのご協力で照明テストを行いました。

①調光対応蛍光灯ダウンライト ランプはFHT32W電球色共通

オーデリック OD060131  VS 山田照明 DF-2446 Downlight

Oderic2_3 Yamada2_2

ともに深さ100の浅型で、調光対応型であるが、かなり違いがある。オーデリックはランプがむき出しであるが、山田照明は拡散アクリルが付いている。光の具合はやはり拡散アクリルがある山田照明のほうが光がやわらかく、グレアも眼に優しい。ただそのぶん、光自体はオーデリックよりも弱い。

Oderic 

Yamada

調光の具合はオーデリックが30~100%で山田照明が5~100%。これは圧倒的に山田照明に軍配が上がる。トランスにルートロンを使っているせいか、調光カーブもなかなかよろしい。さすがにオーデリックから比べると¥14、000-高額なだけはある。しかし、オーデリックはその安価な価格にもかかわらず、ランプからトランスまで、鉄製のフレキシブル配管で繋ぎ、トランスもケースで保護されている。これはネズミなどの対策である。また端子も電気屋さんの誤配線を極力防ぐよう十分に考えられている。非常に良心的な器具である。結論として、山田照明のDF-2446は雰囲気を重要視する場合に。オーデリックOD060131は食品などを扱う店舗などに良いであろう。照明設計する場合には是非とも候補に入れていただきたい器具である。

②メタルハライドダウンライト ランプはCMH MR16 20W 共通

山田照明 DH-2952 VS マックスレイ MD20259-01

Cmh Cmhyamada Cmhmax

ともに共通のGE製CMH MR16 20W のランプであるが、器具はこれまたぜんぜん違う。このランプはフィラメントの長さに対してランプの直径が小さすぎて、かなり無理をした設計なので、ランプ自体の光が良くない。それを考慮に入れて器具が設計されているかが重要なポイントである。山田照明であるが、非常にマニアックな造りになっている。またこのランプの弱点を考慮しているので、グレアレスコーンとランプの距離が非常に短い。これによりランプが集光でも拡散でも破綻することはない。また器具の奥行きも非常に短くとても良く出来ている。ただ、角度調整がドライバーでねじを回すもので、これは現場では職人泣かせである。何百個も天井に付くダウンライトをドライバーでいちいち調整するなど、気の遠くなるお話である。それ以外は非常に良い。

Cmhyamada2

マックスレイはこのランプ専用に造ったものではなく、同社のハロゲンランプ用を流用したもので、このランプに対してランプの位置があまりにも奥まりすぎている。なので集光であればまだなんとかぎりぎりであるが、拡散になると光がグレアレスコーンに遮ぎられてしまう。ただ、山田照明に比べると¥14,500-も安価なので、安価にメタルハライドのライトを使いたい向きにはオススメかもしれない。Cmhmax2

結論として、このCMHランプの性能を十分に発揮させるのであれば山田照明DH-2952。安価にメタルハライドランプで照明を構築するならマックスレイMD20259-01であろう。

③LEDダウンライト

オーデリック OD262061 VS 山田照明 DD-2982

Led

これは先に言うと、LEDチップの数も外形も違うので公平な比較にはならない。オーデリックは住宅用の白熱灯から交換するためのダウンライトで、山田照明は超薄型の棚下灯などに使用するタイプである。光の具合はこれはもう圧倒的にオーデリックが優秀である。チップの数も多く、電球色もなかなかである。また無理をしていない(明るくするために過度な電流を流していない)ためか筐体も熱くならない。Ledoderic_2

山田照明はLEDのチップがわずか3個なのであるが、それでこの明るさは驚愕である。そのぶんかなり無理をしているのか、かなり筐体が熱い。ただし、光には熱を持たないので、棚下灯にはもってこいであろう。トランスも含め非常にコンパクトに造ってある。Ledyamada

LEDは比較にならないので結論はなし。

問合せ先

山田照明株式会社  営業開発室
大賀信哉 氏

TEL:03-3251-2245
n.ohga@yamada-shomei.co.jp
Http://www.yamada-shomei.co.jp

マックスレイ株式会社

今野 禎一郎 氏  

TEL:03-3791-2711

teiichirokonno@maxray.co.jp

http://www.maxray.co.jp/

オーデリック株式会社

羽賀淳夫 氏

TEL:03-3332-1244

ahaga@odelic.co.jp

http://www.odelic.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FLOSの新製品

先日、FLOSの新しい器具を見せていただいた。さすがフロスである。デザインがかっこよい。しかもなかなか良く考えられて作られている。

1 2

緑色のはダウンライトとスポットライトとの中間というか、変わった器具である。しかも向きが自由に振れる。それでいて、その可動部分を上手く隠している。これはなかなかである。いろんな色のバリエーションもあるらしい。お店なんかには良いかもしれない。

3 4 5 6

問合せ先

株式会社エフ・エー・ジャパン 鳥塚氏 minoru-torizuka@flos-archi-j.com

tel 03-6826-6811 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »